Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

短時間で英語が上達する人の特徴

SCROLL

これから英会話学習を始めようとしている人も、現在英会話学習をしているみなさんも、『1日でも早く話せるようになりたい!』と思っています。しかし、全員が同じ授業を受けていても、その人によって目的・目標が違ければ、上達するスピードも違ってきますのであらゆる事で差がついていくのが実状です。

何が違うのでしょうか。
私たちは、次の3つの違いがあると考えています。

  • 高いモチベーションをどうキープできるかどうか
  • 英会話習得に必要な学習方法でバランス良く行っているかどうか
  • 効率良く英会話学習を進められているかどうか

1:モチベーション
モチベーション(やる気)を維持することは、あなた思っているよりもとても難しいことです。『英語が話せるようになりたい』と思っていても、実際に取り組むだけでやる気がなければできる事もできません。

2:適切な学習方法でのバランス
英会話を習得する過程には、やみくもにただ単に単語を覚えただけでは、話せるようにはなりません。声に出すことも非常に重要となります。覚えた単語を失敗を恐れずに実際の会話の中で使っていくためのトレーニングも必要になってきます。

3:英会話学習の効率
他の人と同じだけの時間を英語学習に費やしていても、学習効率が悪いと身に付く英語力にも違いが出てきます。ただ机に座ってテキストをこなすだけ、時間をかけただけでは英会話を習得するのにムダに時間ばかり使ってしまいます。

短期間で英会話を習得する人がやっていること

明確な目標を持つ

これは1番重要なことだと思います。ただ漠然とした『英語がペラペラになりたい』という目標とは言えません。それはただの願望に過ぎません。子供が仮面ライダーになりたい。って言うのと同じです。『ビジネス英語を習得して、実際に英語を使って仕事がしたい』『今は600点台だがTOEICで800点を超えたい』『字幕なしで洋画を観たい』…など、どんな目標(目的)でも良いのです。明確なものが見えてくるとゴールまでの学習計画を作ることが出来ます。

なんとなくレッスンを受けているのと、明確な目標を持ってレッスンを受けるのとでは、大きく効果が違ってくるでしょう。明確な目標を持つことは、あなたのモチベーションをキープすることにもつながります。

英会話力の進歩を定期的に数値化する

これは、TOEICや英検などの数字で実力が分かる英語資格習得で言える事ですが、自分の英会話力は、どのくらい進歩したのかを数字で把握していくことが出来ます。自分自身で自分の英会話力の進歩を実感できるようになるまでには、時間がかかることもあるでしょう。
しかしモチベーションを維持するには、定期的に学習の進歩を実感することも必要でしょう。

英語力の進歩状況を明確にする方法として、TOEICなどのテストを受けるなどして数値化しましょう。今後に向けての短期的な目標を持つことにもつながり、モチベーション維持にかなり有効だと言えます。

間違いを恥ずかしいと思わない

これは日本人に多いのではないのでしょうか。最初は誰もがゼロで分からない事だらけです。間違ったり、発音が悪かったりすることを恐れずに英語を繰り返し使おうとすることが大切です。『発音が良くないから恥ずかしい』『間違えるかもしれまいから』と使うことなく過ごすことは、まったく上達にはつながらないでしょう。
あなたは英会話習得しようとしているのだから『間違いを恐れずに実践してみよう』と思い実践していくことが大切です。

『英会話学習に時間を費やしているけれど上達してる気がしない』という人は、実践や口に出してみることが不足しているケースも少なくありません。書くだけの受験勉強のようになっていませんか?悪いとまではいいませんが、口に出していかないと会話は出来ません。
英会話はコミュニケーションです。ペン握って机の上で勉強するだけでなく、目の前の相手の表情や声のトーンなどから、伝えようとしていることを読み取っていくことも必要でしょう。
また、実際に会話をすることで、『単語力が足りていない』というように、自分に不足している点に気づいていけば今後の学習の課題が明確になっていくことでしょう。

しっかりインプットする

英会話学習において、レッスンで会話を実践するのはアウトプット。しかし、英語を習得するには、アウトプットと同じくらいインプットすることも必要です。インプットしていない言葉はアウトプット出来ないですから。

効果的な勉強方法は人によって違いますが、レッスンで行ったことを寝る前に復習することは、習得しやすく、効率的・効果的な学習となり上達へとつながります。人間は眠る前に復習したことは、記憶されやすいとされています。
忙しくて時間を十分に取れない人は、見るだけでもやらないより大きく違ってくるでしょう。その日に習ったことは、その日の夜寝る前に必ず復習する習慣を付けると、レッスンの効果が高まり身についていくでしょう。

バランス良く学習する

英会話を習得するには、読む(リーディング)・書く(ライティング)・聞く(リスニング)・話す(スピーキング)といった総合力を身に付ける必要がありますが、日本人の方は会話に必要なスピーキング力を高めるトレーニングが不足している人が多いようです。スピーキング力を上げるには繰り返しの会話トレーニングが必要となるので自分に合った学習を見つけていくことが重要だと思います。

日本の英語教育は読み書き重視とも言われていますが、『読めるけど話せない』という人が多いと思います。もちろん、レッスンはスピーキング中心で行っておりますが、自宅などでも声を出して話すトレーニング(音読・シャドーイングなど)を行うことが重要です。

英会話を楽しんでいる

『好きこそものの上手なれ』とも言いますが、どんな事でも好きな人にはかないません。なんとなく学習している人とは、効率、モチベーションなど全てにおいて差が出て違ってくるでしょう。
『好きになれ』と言われて好きになれるものではありませんが、自分自身に合った講師・学習方法を見つけて、上達にむけて楽しんで英会話学習行うことが大切でしょう。

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー