Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

英語の聞き取り対策

SCROLL

日本人中には学校教育が悪いのか、英語への苦手意識からか分かりませんが『英語が聞き取ることが出来ない』という人が多いとおもいますが、これは、日本語と英語の発音や声の音質の違いなどがあることいわれています。 日本語には母音が5個ですが、英語には母音がたくさんあります。また、英語は日本語に比べて英語は強弱がハッキリしており、日本語と英語の音のさまざまな違いから、日本人のみなさんは聞き取ることが難しいと感じる人が多いのです。

英語が聞き取れない原因とその対策

1. 単語の発音が文章になると変わったり、他の音とつながる

ひとつひとつの単語の意味や発音の仕方を覚えて、言葉のボキャブラリーを多くしているという人は多いかもしれません。わかる単語が多ければ多いほどが聞き取りやすいですから、わかる単語を増やすことは、確実にリスニング力アップにつながると思います。 しかし、英語は日本語と違って、単語だけでの発音と文章で使う時の発音が違う場合があります。自分の中ではわかっているつもりの単語が、文章になったとたんに聞き取れなくなってしまう事が非常に多いです。

単語自体の発音記号をひとつひとつ確認しながら、単語を覚えている人もいるかもしれません。しかし、文章になると発音記号とは異なる発音になってしまいます。 単語自体のの発音や意味も非常に大切なのですが、会話をする為には、文章の中でどのような発音になるのか、という点も確認していきながら聞き取りの力を高めるためには大切なことでしょう。

また語彙力を高めることも英語力を伸ばしていく過程では大切ですが、英文を繰り返し聞くことも非常の大切な事です。
英語は日本語と違って、前後の音がつながったり、単語だけでは発音する音が文章になると発音されなかったりするので、その点に注意しながら単語を覚えるていくことて上達につながるでしょう大切でしょう。

対策:単語だけでなく単語を含む文章の発音を確認する

2. 英語にはアクセントやリズムがある

日本語とは違い、英語には単語にアクセントがあります。アクセントのついた音はハッキリと発音しますが、それ以外の音はハッキリと発音しないので、日本人は聞き取りにくいと感じる場合が多いとの事です。英語の学習を始めたばかりの初心者の人には、アクセントのある音しか聞き取れないということが多いと思われます。 皆さんもよく目にしたり、聞いたりする、カタカナ英語のように、ネイティブは単調に発音しません。あれは、日本人にだけの和製英語なので、実際に使うと何も通じません。和製英語とは違い英語にはアクセントがあり、リズムや抑揚があることを覚えてください。

また、アクセントはスピーキング中でも大変重要であり、日本人の英語が伝わらない原因の一つです。私自身もアクセントで非常に苦労させられました。日本人の英語は、全ての音を発音しすぎたりしていて聞き取りにくいというネイティブもいるみたいです。 喋るアクセントのつけ方で、ネイティブに伝わったり伝わらなかったりするため、単語を覚える際には、アクセントを意識して学習していくことが大切と言えるしょう。

対策:アクセントを意識してリスニングをする

3. 英語が速く聞こえる

ネイティブの英語は、とても速く感じて聞き取れないという人も多いでしょう。もちろん、私も早くて聞き取るのが大変でした。正直はじめからネイティブのスピードで聞き取るのは難しいです。

でも、決してネイティブが早口なのではなく、私たち日本人には速く聞こえていたり、速いと感じてしまっているだけだと言えます。単語の音と音がつながったり、発音が省略されている単語があったりするので、ネイティブはズラズラ~っと多くの単語を話しています。日本人が話す英語とネイティブの英語には、息継ぎリズムに大きな違いがあるのです。

速い英語を聞きとれるようになるには、やはり英語の発音に慣れることが1番大切と言えるでしょう。音の省略や音のつながりなどに慣れていくことによって、自然と速いと感じられなくなっていくでしょう。

英語の発音に慣れる方法はいろいろな方法がありますが、自分自身も発音できるようになることが大切です。スピーキング力を身に付けていきましょう。自分で発音できる音は聞き取れるようになり、また正しい発音を身に付けることで、聞き取りもしやすくなります。 たくさん英語の発音を聞くというのも良いのですが、自分で発音を身に付けることも行っていくという方法もあるので自分に合った学習方法を見つけてください。

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー