Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

留学の実体験【フィジー→オーストラリア】⑧

SCROLL

今回のAtoZコラムは、私自身が留学先で体験した事を書いていこうと思います。これを見ている方の中にも2020年に留学予定のはずが、世界中で新型コロナ感染症のパンデミックが起こり、延期や中止にせざるを得ない状況になってしまって残念に思うところだと思います。しかし、いつまでもこの状況が続くなんてことは絶対にありません。私も含めて、皆様の状況は必ず好転します。何もせずに待つだけではなく、いざという時の為に準備を続けてください。それが、あなたにとって武器になり成長させてくれます。留学をしたいと思っている方にとっては、おもしろい内容になっていると思います。参考程度に見てみてください。

フィジー留学 ~フィジー留学生1日にの流れ編~

今回は、私が実際に行ったフィジー留学生活での1日の流れを書いていこうと思います。ちなみに私はドミトリーで生活しながら学校に通っていたのでドミトリーの学生の流れとなります。ホームステイの学生の1日に流れは話を聞く限り各家庭で違うようなのでホームステイ希望している方は行ってみてからのお楽しみですね。

さて、ドミトリーに住む学生の1日は、たしか午前9時から(数年前なので記憶が曖昧です)授業がスタートなのでそれまでに朝ごはんを食べる人は作ったり、シャワーを浴びたりして授業開始までの時間を過ごします。私は、日本から大量に持参した味噌汁を毎朝飲んで和の心を感じていました。また校舎がドミトリーの真横にあるので、授業スタート時間が近づくにつれホームステイの学生たちが登校してしてきてドミトリーの周りが騒がしくなりそろそろ授業だなと感じていきます。最悪その時間に目が覚めても校舎まで15秒で着くので大丈夫です。

ドミトリーから出て学校敷地内は、EOP(English Only Policy)という母国語禁止英語のみのルールがある為、授業中はもちろん学校敷地内は、日本人学生同士でも会話は、英語です。最初は、EOPに慣れずに英語もうまく使え無い為、苦労しました。もし母国語で会話しているところを先生に3回見つかると、退校&強制帰国にさせられてしまうみたいなので、EOPは、守っておいたほうがいいですよ。実際に3アウトで退校&強制帰国になった生徒もいるみたいです。せっかく留学しにきてるので積極的に英語で話しましょう。

流れの話に戻ります。授業はレベル別に分けられた6、7人のクラスで50分授業だったと記憶しています。単語や文法の授業や会話を使ったゲームなどをやったりして学校側も飽きないように考えて授業を組み立てていると思います。午前に3限授業をして、昼になると弁当を持参している人もいれば、昼になると学校内に、フィッシュフライが乗ったピラフ、ロティ(薄く平たいナンに巻かれたカレー)、あとなにかもうひとつあったような気がしますが、忘れました。それから水、コーラも売っているのでそれ買って食べる人もいました。私は、フィッシュフライのピラフを買ったり、ドミトリーで作って食べたりしていました。

午後1時から午後の授業が3限あり、全ての授業が終われば、運動場で先生達とサッカーやラグビーをやる人もいれば、自習室で勉強する人、おしゃべりしている人、外に遊びに行く人、授業終わったとたんに即帰宅する人、みんなそれぞれ自由に過ごしていましたね。日本では出来ないスローな生活でしたね。そうゆう生活も結構いいですよ。

次回は、学校の卒業からオーストラリア到着編です。See you next time!

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー