Be a native speaker.
名古屋で唯一の60分マンツーマンレッスン
AtoZ COLUMN

外国のサンドウィッチ紹介

SCROLL

今回は、外国のサンドウィッチを調べてみたので紹介していきたいと思います。街中で目にしたりする、海外から来たサンドウィッチは、日本人向けに進化をして、ボリューム感満載で冷めても変わらず美味しい『カツサンド』や『コロッケサンド』など独自のサンドウィッチもあります。名古屋では『エビカツサンド』などもありますね。天むすがモデルになっているんでしょうかね。という事は、国が変われば中の具も変わっているだろうって事で調べてみました。それでは、行きましょー!

ボリューム重視! 肉メインのサンドウィッチ編

最初は、『カツサンド』のような、肉を使ったボリューム感のあるサンドウィッチを紹介していきましょう。肉が挟まると満足感満載でガッツリなサンドウィッチをになりますね。

◆ベトナム『バインミー』

ベトナムのサンドウィッチ、バインミーは、柔らかいフランスパンに野菜、お肉、ハーブなどを挟んでいるのが特徴。お肉に関して決まりは特になく、鶏肉でも豚肉でもサラミでもベーコンでも、お店によって様々な違いがあります。イメージとしてはサンドイッチメインのファーストフード店『サブウェイ』のメニューに近いそう。

◆アメリカ『パストラミサンド』

アメリカ・ニューヨークで名物となっているのが『パストラミサンド』。元々はユダヤ系の人々によって生まれたと言われている牛肉の燻製、パストラミを贅沢にパンに挟んだサンドウィッチです。1888年に創業したユダヤ系レストラン『カッツ デリカテッセン』が特に有名店。

◆トルコ『ドネルケバブサンド』

回転させながらローストした大きなラム肉を削ぎとって、野菜やヨーグルトなどと一緒にピタパンに挟んだドネルケバブサンド。昨今では日本でもよく屋台を見かけますよね。私が住んでいたオーストラリアでもケバブ屋に行きましたけど、ボリューム、味などが日本とは違いましたね。私は日本のケバブが好きです。

◆カナダ『スモークミートサンド』

見た目のインパクトがものすごいのがこちらのスモークミートサンド。パストラミを更に分厚く切り、スパイシーな味付けにしたスモークミートをマスタードやピクルスと共にライ麦パンに挟みます。とにかくボリューム感満載。空腹時にあなたの味方になりますよ。

◆メキシコ『セミタ』

揚げた牛肉やアボカド、チーズ、玉ねぎなどがブリオッシュに挟まったサンドウィッチは、ハンバーガーのように見えます。とにかく具だくさん、かつ濃厚そうな具材たちが食欲をそそりますよ。

日本ではあまり見ない!?魚メインのサンドウィッチ編

次は、私自身あまり見たことがない、魚を使ったサンドウィッチの紹介です。お肉よりヘルシーに食べれる魚のサンドウィッチが最近人気になっているそうですよ。魚派の方は、是非チェックした見てください。

◆ドイツ『フィッシュ・ブレッチェン』

塩漬けにして酢に漬け込んだニシンと玉ねぎ、ピクルスを入れた超個性的なサンドウィッチですね。スモークサーモンや海老を挟んだ高級なものもあり、基本的には海の幸を挟むのが特徴のようですね。現地の方からもオススメのグルメとしてよく紹介されているため、ドイツに足を運んだ際には、食べてみてはいかがでしょうか?

◆トルコ『鯖サンド』

ドネルケバブサンドだけでなく、日本でも近年話題の鯖サンドもトルコ発祥なのです。私は見たことがありませんが。バルック・エキメック(魚パン)とも呼ばれているみたいで、トルコではポピュラーなサンドウィッチのようです。エキメックというパンにフライした鯖を挟んだシンプルなサンドウィッチです。生ではなく揚がっているため、日本人にも抵抗なく受け入れられるでしょう。

個性派もいろいろ!野菜メインのサンドイッチ

最後は、野菜メインのサンドイッチ。日本でもレタスサンドやトマトサンドなどが定番ですが、基本的にはチーズやハムなどと一緒に挟まれている印象ですけど外国は、どうなのでしょうか。

◆インド『ワダパブ』

ごろりとしたジャガイモがバンズにそのまま挟まっているという、インパクト抜群のサンドウィッチです。ジャガイモに衣をつけて揚げてあるので、ボリューム感満点です。ベジタリアンの方にも人気だそうで、チャツネ(ペースト状の調味料)をつけて食べるのが一般的みたいです。

◆トリニダード・トバゴ『ダブリス』

カリブの楽園とも呼ばれるトリニダード・トバコには、ひよこ豆を中心にしたサンドウィッチがあります。ひよこ豆はカレー味で、揚げパンにきゅうり、ココナッツ、マンゴー、タマリンド(豆のようなフルーツ)などが挟まっているとサンドウィッチのようです。まったく想像もつかないようなサンドウィッチなので、ぜひ1回ぐらいは食べてみたいです。

◆南アフリカ『ギャツビー』

元々は柔らかいパンに具材をたくさん挟むのが特徴で、おかずの残りを消費できる家庭料理として広がったギャツビー。具材に決まりはないようですが、フライドポテトをメインにしたものが特に有名です。

 

 

 

 

 

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー