Be a native speaker.
名古屋で唯一の60分マンツーマンレッスン
AtoZ COLUMN

世界の七夕☆

SCROLL

本日、7月7日は七夕ですね。おそらく日本人なら知っているであろう行事?風習?ですね。子どもの頃は短冊に願いを書いていた記憶が懐かしいですね。こちら名古屋は、あいにくの雨となり天の川は見えませんが、きっと織姫と彦星があっている事でしょう。

そんな素敵な日本の七夕ですが、海外ではどのような楽しみ方があるのかご存じですか?ここからは世界の七夕を紹介していきます。

七夕の起源

七夕は中国で生まれて日本に伝わってきたとされています。しかし、中国と日本ではそれぞれ言い伝えがすこし違うです。

中国の七夕

諸説あるみたいですが、中国の七夕について記される資料の中に「荊楚歳時記(けいそさいじき)」というものがあり、その中に「七月七日為牽牛織女聚会之夜 是夕 人家婦女 結綵縷 穿七孔針 或以金銀鍮石為針」と記されています。

これは、7月7日の夜に牽牛星(わし座のアルタイル)と織女星(こと座のベガ)が1年に1度めぐり会い、7本の針の穴に美しい色の糸を通して捧げ物を庭に並べて、針仕事の上達を祈ったという意味だそうです。

元々、織女(しょくじゅ)と牽牛(けんぎゅう)は恋人同士でお互い働きものでしたが、結婚してからは働かずに遊んで暮らしていました。これに神様がお灸をすえるために2人を引き離し、「真面目に働くのであれば7月7日に一度だけ会っても良い」という条件を出したと言われているみたいです。

日本の七夕

日本の七夕は、かつて「棚機(たなばた)」と呼ばれる禊ぎ行事でした。

棚機とは、乙女が着物を織り棚に供えて神様を迎え、秋の豊作を祈って人々のけがれを祓う行事です。
着物を織るために選ばれた乙女を「棚機女(たなばたつめ)」と呼び、着物を織る時に使用する織り機を「棚機」と呼びます。

後に日本に仏教が伝わると、この行事がお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるように変わりました。
そこに、中国の織姫と彦星の伝説が伝わり、星に祈るお祭りとして庶民に広まったみたいです。

韓国の七夕

韓国では陰暦の7月7日に七夕を行います。
日本の七夕は、織姫と彦星が再会できるように七夕の夜が晴れることを願いますが、韓国では雨が降るように願います。韓国では七夕の日に降る雨が「織姫と彦星が無事に再開できた嬉し涙」と考えられているためです。ロマンティックですね。

また、韓国では七夕を「恋人の日」とも呼んでいます。かつての韓国では、恋人がいる人達は、変わらぬ愛の証としてイチョウの実を贈りあい、独身女性たちは素敵な男性との出会いを願ってチャクトクという半月状のお餅を食べる習慣がありました。

これは雄木と雌木が離れていても実をつけるイチョウの木を、遠くにいても変わらない愛情の象徴と見立てていることに由来しています。

現代では、イチョウの実がプレゼントに形を変えて残っています。

ベトナムの七夕

特に派手なお祭りなどはないようですが、お坊さんたちがお寺で祈り、一部の地域では昔の恋人と語り合うというイベントが行われるみたいです。

織姫と彦星が1年に1度しか会えないことから、ベトナムではこの日の婚姻を避けているみたいです。ちなみに中国では婚姻に適した日なのに、ベトナムでは婚姻が避けられる。同じ七夕伝説でも、解釈の違いで全く逆の風習が伝わっている所が興味深いですね。

他の国の七夕

日系人が多く住むブラジルやアメリカでも七夕祭りが開催されており「Star Festival(スターフェスティバル)」として親しまれているそうです。

 

 

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー