Be a native speaker.
名古屋で唯一の60分マンツーマンレッスン
AtoZ COLUMN

英会話が上達する人の特徴②

SCROLL

英会話が上達する人そうでない人

英会話を学習していくうで、大事なのは『英語を話せるようになるんだ!』と英会話習得を信じて諦めないことが上達においてとても大事になるのですが、そのほかのポイントもあるんです。上達する人とそうでない人差は、当然あります。前回から基本的なポイントお伝えしているので、日ごろのご自身の学習心得を見直してさらに英会話の上達を目指しましょう。

行動を起こしている

自身で思ってたよりあまり上達しない人に、よくあるパターンが『やった気になっている』という点が挙げられます。英会話レッスンに行っている、教材をとりあえず買った、洋楽をつけてはいる、時間がある時は英語の勉強をしている、などです。上記が英会話力を上達させる為には、とても大事なことには変わりないですが、『やった気』だけでは英語が話せるようにはならないです。

英会話の習得においては『英語を使ってなにをしてどうなりたいのか』という目的を持ち、その為に『TOEIC800点以上』などの目標を定めることが何より重要な事です。なかなか上達しない人は目的が曖昧だったり、英会話学習そのものが目的だったりします。そして目標に到達するために、現状の自分のレベルを把握し、目標達成までになにをどう埋めていくかの行動をすればいいわけですね。実際に目標に応じた行動をしなくては、習得出来るものを出来なくなってしまって全てがムダになってしまいます。

言語学習は、インプットとアウトプットの繰り返しです。まずインプットをしなければいけないのですが、上達しない人はインプット量が少ないように思います。日本で生活しているだけで、無意識に日本語をインプットしているので、意識的に日本語の量を減らしていき、インプットする英語の量を増やしていく必要があります。買ったテキストの最初を見ただけでは、洋楽を聞いているだけでは、上達を実感しないのは当たり前です。

まず、何をどれくらいやっているか、実際に紙に書き出してみましょう。そして、上達に向けて続けられる行動を書いてみましょう。分からない人は、調べる、英語の先生・上手な人などに聞く、という行動を起こすことです。

最初は、誰もがゼロからのスタートです。

英会話を習得出来れば、大袈裟に聞こえますが人生変わります。

続く

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー