Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

日本の警察とアメリカの警察の違い

SCROLL

日本の警察とアメリカの警察の違い

今回は、市民の安全を守っている警察についてについて書いてきみようと思います。警察はどの国にでもある捜査組織ですが、日本とアメリカの警察を比較しながら国によって警察という組織がどのように違うのか書いていきたいと思います。興味がある方もそうでない方も見ていただけたら嬉しいです。

アメリカでは警察署・警察官がいっぱい

日本では、国の機関として警察庁が置かれていますが、実際に捜査や取り締まりなどのを行っているのは、警視庁を始めとする都道府県警察です。日本で警察といえば1つの組織を指しますが、アメリカではたくさんの警察組織が存在している事はご存じでしょうか?アメリカは連邦制ですので、州による権限が日本の自治体と比べて非常に大きいです。そのため、州・群・市・町・村といった自治体が法務執行機関として独自の警察を持っています。また日本の警察では、必要であれば管轄外の都道府県でも捜査をすることが出来ますが、アメリカの警察は基本的に管轄の自治体以外で捜査をすることはで出来ません。FBI(連邦捜査局)など連邦政府に属する捜査機関は、全ての州で捜査をすることができます。

日本とアメリカの銃の扱いの違い

日本とアメリカの警察では、銃に対する扱いが大きく異なります。日本の警察官も銃を所持していますが、実際に発砲する機会はそこまで多くありません。犯人を拘束するためには、素手や警棒などを用いいた逮捕術を使って犯人を取り押さえる事が基本的です。もし日本の警察が銃を使う場合は、すぐに相手を打つことができるわけではなく、警告をしてから威嚇射撃をして、それから始めて相手を狙うことができます。一方、銃社会であるアメリカでは、犯人が銃を所持している可能性が高い為、まずは犯人を無力化させることを第一優先とするために日本よりも積極的に銃を使う傾向にあります。また、アメリカでは少し変わった銃の制度があるみたいですよ。一部の州では犯罪者から押収した銃を改修して警察の装備として再利用しています。変わったリサイクルですね。

逮捕に対する認識の違い

日本では、逮捕を行う場合、現行犯でない限りは逮捕状が必要となります。このように原則として逮捕には令状が必要であり、罪を犯しているという証拠が重視されています。しかし、アメリカにおける逮捕とは、日本のように法的な処置としての逮捕というよりも、身柄を一時的に拘束するための逮捕という意味合いが強いですそうです。犯罪を犯しているという十分な証拠がなくても、警察官の判断で危険性があるとみなした場合は、身柄を拘束することを優先されます。

アメリカの警察官の給料は低い?

FBIの捜査官は、高学歴で給料も地方の警察官に比べたら多い傾向にあるようですが、州警察や市警察など、各自治体に所属する警察官の給料は、そこまで良くないようですね。日本の警察官の年収は平均すると500~800万程度の金額を得ているようですが、アメリカの警察官では比較的給料の良い州や市でも平均400万円程度の年収のようです。命かけて仕事をしているのにと思っちゃいますね。ただし、なんとアメリカの警察では副業が認められているのです。日本の警察では、考えられないですね。日本では公務員の副業は、認められていませんが、アメリカは個人の自由を尊重する国ということもあってか、公務員であったとしても就業時間外については、日本ほど厳しい制限を設けていません。そのため、許可をとれば警察官であっても副業が可能です。さすが自由の国アメリカ!ちなみにハリウッドスターであるスティーブン・セガールは、俳優業をしながらルイジアナ州の警察職員として20年以上も勤務していたみたいです。驚きです!

 

All we are saying is give peace a chance.

訳:平和を試してみよう!僕らが言っているのはそれだけだ。(ジョン・レノン:イギリスのミュージシャン)

 

 

 

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー