Be a native speaker.
名古屋で唯一の60分マンツーマンレッスン
AtoZ COLUMN

英会話が苦手な人へ

SCROLL

英語が苦手な人の特徴

今回は、英語に対して苦手意識を持っている人向けに書いていこうと思います。まだ英語が苦手だけど得意になりたい人もまた多いはずですので読んでもらえたら少しは、苦手意識が薄れていく事を期待しています。このコラムを見ているという事は、少しでも英会話に興味があると思い、見ていただいていると思いますので、自分の経験も織り交ぜながら書いてみたいと思います。よろしくお願いいたします。

英語を難しいものと考えている

「英語は、難しくてわからない」と考えている人達は多くいると思います。でも英語に対しては難しい感情を持つ人だって、日本語はうまく使いこなしていますよね。英語だって日本語と同じ「言語」です。「難しい」と思う感情が、あなたの英会話力を伸ばすキッカケさえも奪ってしまっています。確かに母国語以外の言語は簡単ではありませんが、「難しい」から「他の人が出来るんだから自分も出来る」に変われば気持ちの面にも余裕が出来て自信の英会話も伸びていくのではないでしょうか。ネガティブは、何も生みません。

英語を必要としていない

人は必要になってから必死になるものです。例えば「今、英語が必要ではないけど英語を勉強しよう!」なんて気分にはなりませんよね。英語が必要でなければ英語から離れ、そして「英語が苦手」という考えに陥っていってしまいます。私も学生時代は「日本に住んでるんだから英語なんて必要ない」と思っていましたが、英語というのは、ただのコミュニケーションツールだけれど世界基準のコミュニケーションツールとして使われていて必要な状況は今後確実に増えていき英語が当たり前の時代がすぐそこまで来ている事を皆様に知っていただきたいですね。

勉強が苦痛、楽しくない

「学ぶ」ことに対して意識が向いていない、興味がない、そもそも苦痛である、という人は結局「英語が苦手」ということになってしまいます。英語は母国語ではないですから、勉強を通して身に着ける必要があります。いきなり英語ペラペラになるなんてありえませんから。この勉強があまりにも苦手な人はそりゃぁ英語が得意とはなりにくいでしょう。でも学生時代は意識なく勉強が苦痛だった、という人も大人になって学ぶ目的が出来てからは勉強が楽しくなったという人は大勢いますね。勉強はいつからやっても遅い事はないので大人の方でも自分への投資として英会話学習を始めてみては、いかがでしょうか。

 

He who moves not forward,goes backward

訳:前進をしない人は、後退しているのだ。(ゲーテ:ドイツの詩人)

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー