Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

よく聞くワーキングホリデーって何?

SCROLL

よく耳にするワーキングホリデーとは?

18歳~30歳を対象としたワーキングホリデー制度は、日本と協定国の異文化交流や相互理解を促進するために生まれたとても特別で自由度の高い海外留学制度です。協定国それぞれによって制限は異なりますが、英語の勉強や海外でのお仕事・アルバイト経験など、自由にチャレンジすることができます。これまでに留学を経験された人だけでなく、留学初心者にもおすすめしたい留学プログラムですね。最大の魅力は、ワーキングホリデー先の国でアルバイトができることでしょう。アルバイト収入が現地であるからこそ、長期間の留学生活費用に必要な準備資金が少なくとも留学に挑戦可能となるプログラムです。

ワーキングホリデー制度の特徴

収入を得ながら海外生活を送る事が出来る

ワーキングホリデーの最大の特徴は、フルタイムで就労が可能な事ですね。現地のカフェやレストラン、ファームなどでアルバイトし、収入を得ながら海外で生活する事が出来ます。 1年間という長い期間、学校で勉強したり、働きながら海外生活を体感したい方におすすめです。ただし、英語力がなければ出来る仕事の幅も狭く、日本人ばかりのジャパニーズレストランなどになってしまうこともある為、ワーキングホリデー期間中に、または事前に語学学習などで自分の英語力を伸ばすことをおススメします。

ワーキングホリデー制度の年齢制限

ワーキングホリデーでは、ビザ申請の年齢制限はほとんどの国が18~30歳までと定められています。
申請をする場合は、18歳から31歳の誕生日を迎える前までに手続きを行うようにしましょう。 (※アイスランドは申請時18歳〜26歳、フランスは申請時18~29歳まで)

ワーキングホリデー制度で行ける国

ワーキングホリデー制度で行けるのは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、アルゼンチン、チェコ、チリ、アイスランド、リトアニア、スウェーデン、エストニア、オランダの26か国です。

それぞれの国で1回使えるワーキングホリデー制度

私は、ワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアに住んでいた為、ワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアに行くことは出来ません。しかし、オーストラリア以外で上記の別の国であれば、ワーキングホリデービザを申請する事は可能です。もちろん、ワーキングホリデーの後で観光ビザなどを使って渡航することは可能です。

 

私もオーストラリアでワーキングホリデー制度を使って生活していて思ったことは、現地で働くにはそれなりの語学力が必要だって事、向こうでは英語が出来て当たり前ですから、上手くしゃべれないアジア人を雇ってくれるお人好しでない限り現地で働く事は難しいでしょう。ジャパニーズレストランなら語学力ゼロでも働けますが………せっかくの海外での生活なので私はオススメしないですね。どっぷり英語漬けになって苦難を楽しみましょう!

The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes,but in having new eyes. (マルセル・プルースト:フランスの作家)

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー