Be a native speaker.
名古屋で唯一の60分マンツーマンレッスン
AtoZ COLUMN

日本と海外の文化の違い

SCROLL

日本と海外の文化の違い

今回は、日本と海外の文化の違いについて書いていこうと思います。みなさまは、海外旅行に行った際にいつも住んでいる日本との文化の違いに驚いたことはありませんか?食べ物やビジネスマナーから子育ての仕方まで、その違いを挙げたら日日が暮れちゃいますね。なので今回は、生活面に関して知っておきたい海外と日本の文化の違いについてご紹介していこうと思います。私自身、フィジーとオーストラリアに住んでいたのでその事も合わせてお伝え出来たらと思います。

交通ルールが日本と逆になっている

全ての国に当てはまるわけではありませんが、海外では日本とは逆に車が右側通行になります。また、アメリカでは右折禁止の標識がない限り、赤信号でも右折が可能です。私が旅行でアメリカに訪れた最初は凄く戸惑いました。でも不思議と慣れていきますので、どこか海外に行った際は、異国でのドライブを楽しんでください。ちなみにフィジーとオーストラリアは日本と同じ左車線です。

公衆トイレにお金がかかる

日本には駅や公園、デパートなど様々な場所にトイレが設置されており、誰もが自由に使うことができます。しかし、海外では無料トイレは当たり前ではなく、トイレを使用するためにいくらかのお金を払う必要があることがあります。フィジーは、50セント払って使う公衆トイレがあった記憶があります。しかも大体トイレットペーパーが無いからポケットティッシュを持ち歩いていました。オーストラリアは日本の様に自由に使えます。

お風呂につからない

日本では、自宅でも旅行先でも湯船につかっている方が多いと思います。実はこれ、世界的にはごくわずかで、同じようにお風呂の文化があるアジアの国でも、日本のように毎日湯船につからない場合がほとんどみたいです。

年中無休で開いているお店がない

日本と海外では、働く事や休む事についての考え方が全く違います。例えば、お店の営業時間が10時30分~19時30分となっている場合は、日本ではその間ずっとお店を開けていますが、海外ではお店の規模によりますが休憩時間を取って数時間閉めてしまう場合があります。また日本の様に夜中までやっている店や24時間営業のお店は本当に少ないです。

チップの習慣がある

海外では、ホテルやレストランなどでサービスを受けた際のお礼として、チップを渡す文化があります。日本ではそういったものを渡す習慣がないので、払いたくないという方がいるかもしれませんが、代金にサービス料が含まれているなどの特別な場合ではない限り、ある程度のチップを渡すのがマナーです。サービスの内容や業種によってチップの相場がある程度決まっていますので、チップについては事前に調べておいた方がいいかもしれませんね。

家の中でも靴を履きっぱなし

床に畳やカーペットを敷いている日本とは違い、フローリングの床が一般的な海外では、家の中でも靴を履いて生活する場合がほとんどです。家のトイレを使う際も靴を履いたまま入り、靴を脱ぐのは入浴時かベッドに入る時という場合が多いですね。これは、私もなかなか慣れなかった習慣でした。靴もままは少し抵抗があってので私はスリッパを履いていました。

バレンタインデーは男性が女性に贈り物をする

昨日がバレンタインデーなのでホットな話題ですね。日本では女性から男性へ贈り物をする日と考えられているのがバレンタインですが、海外(欧米)では全く逆で、男性から女性へ贈り物をする特別な日と考えられています。また、贈り物もチョコレートではなく、花束などが一般的です。ちなみに、海外にはホワイトデーに関する習慣はありません。日本と韓国のみホワイトデーがあるみたいです。

日本にいるだけでは味わえない刺激的な世界の文化がここに書ききれない程ありますので、日本と海外の文化の違いをしっかり把握し、その違いを楽しみながら海外を経験してみてください。

Luck is matter of preparatino meeting opportunity.

訳:準備万端の人にチャンスが訪れる事を幸運と呼ぶ(オプラ・ウィンフリー:アメリカの女優)

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー