Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

英会話初心者が挫折しないために掲げる目標とは

SCROLL

『英語をペラペラと話したいな…』

そのような目標は自分にとってすごく遠くに見えてしまって、考えるだけで気が遠くなって挫折してしてしまいそうですね。

現在の自分からあまりに遠い目標を設定してしまうと人は挫折してしまいます。

解決するためには、まずはゴールを分けて、まずは『目の前の目標』を設定してこなしていくことが有効です。

今回の記事では、挫折しないためにはどんな目標を設定していき達成していけばよいか、それを考えていきましょう。¥

あなたの『目の前の目標』とは

英会話学習の優先順位

いざ、英語を話そうと思っても思い通りに口から出てこないし、英語で話しかけられても聞き取れない。

特に英会話学習初心者の方は、何から学習していけば良いのかを迷ってしまうものです。

さらに、スピーキングとリスニングのどちらからやっていけばいいのか、と最初段階から迷ってしまいますよね。

英会話学習方法数えきれないほどあり、全てやらないといけない気すまないって思っていませんか。

スピーキングとリスニングのどちらから先に取り組むべきか。

それは、スピーキングからです。

理由は次に説明します。

まず最初に身に付けるべき力とは

スピーキング練習を優先する2つの理由

先ほど、まず始めるのは、スピーキングから、と書きました。

その理由の1つは、スピーキングの方がリスニングよりも難しくないからです。

スピーキングというのは自分の言葉は、自分で選び、自分の口から自分のペースで話せます。

対してリスニングは、他人の言っていることを聞き取る事ですから、全てが相手主導ですよね。

なので、スピーキングの方が簡単です。

しかし、それだけではなく、実はもう1つの違う理由があります。

スピーキングの練習はリスニング力も同時に向上させる事が可能だからです。

一石二鳥なのです。

次には、それを説明していきたいと思います。

一石二鳥なスピーキング練習の効果とは

スピーキング練習は、自分で英文を作って口から出すことです。

それには、表現力、文法力、そして発音力が必要となります。

表現や文法などは、ただ『知っている』だけではなく『使いこなせる』状態にまで定着させる。

それを、相手が理解できる音として口からでせるようにする。

それがスピーキングの練習です。

リスニングにおいても、もちろんスピーキング力は必要になります。

相手の使う表現や英文を理解するには、自分自身がしっかりとした表現力や文法力が必要です。

そして、そのような表現力や文法力をしっかり定着させるには、覚えた英文使う練習、つまりスピーキング練習が適しているということです。

また、相手から発せられる英語の『音』を聞き分けることは多くの日本人にとって苦手とすることが非常に多いですが、

解決していくには、『発音練習』です。

発音をきちんと練習する、ということは、あなた自身の脳内に『英語の音を処理する脳回路』が出来ていき、英語独特の音が聞き分けられるようになるのです。

このように、スピーキングで鍛えられる力がそのままリスニングに必要な力になっていきます。

スピーキングの練習がリスニング力の向上につながるわけですね。

あなたの目指すべき『目の前の目標』

ここまでボチボチ長くなりましたが、まずはスピーキング練習からということは理解できましたよね。

そして英語が自分の口から出てくる、ということが、まずあなたの『目の前の目標」となります。

もう少し言葉を足しますと、完璧にネイティブスピーカーのように話せるようになる必要はありません。

ゆっくりでもいいから、自分の言いたいことをやさしい英語で表現すことができることが大切ではないでしょうか。

これは、あなたが思っている以上に大切な英会話力です。

『英会話力』の鍛え方

よく見る英会話フレーズ集を覚えても役に立たない?

英会話フレーズはお手軽で人気だけど

英会話の上達法の中には、取っつきやすい方法として『英会話フレーズを覚える』というものがあります。

『ネイティブが使うフレーズ』などは、インターネットでもよく見かけるコンテンツですよね。

しかし、今のあなたのスピーキング力の向上には役立つとは限らないのです。

そのような決まり文句は場面や条件が合致しないかぎり、使い回しが利かないものが多いからです。

たしかに、フランクな挨拶やスラングや教科書には載っていないような受け答えは、あなたの挨拶を自然な英語に見せるでことができます。

覚えたての決まり文句などもいれれば、自分でも英語が流暢に話しているように感じるかもしれませんね。

でも、その場だけです。

これらは英会話力の本質ではありません。

あなたが自分の思ったことを自分の口で英語で言えるようになったわけではないのです。

自分で英文が作れないと会話にならない

そのような挨拶や受け答え、決まり文句などは、覚えて損はないですが、実際の英語の会話のうち使える場面はさほど多くないでしょう。

やはり大事になってくるのは、何ともない、普通に文法通り組み立てた英文です。

英会話学習の本質である『自分の思ったことを自分で英語にできる力』をつけていくことが重要です。

簡単な英語で言えることは大切な英会話力

あなた自身の言いたいことを簡単でも英語で表現できる、ということは、あなたが考えている以上に大切な力です。

言いたいことが英語で何も言えないよりも何倍もマシなんですよね。

しかしそれは、『ブロークンイングリッシュでも、相手がなんとか理解してくれるから大丈夫』という考えとは全く違いますので注意。

『英会話力』を鍛える練習

英文を自分の中にストックしていく

自分からアウトプットする、という観点から英作文の必要性を説明しました。

次は逆のから視点。『アウトプットするための英単語・英文を仕入れる』という観点から、英語の読書をお勧めしようと思います。

内容としては、そこまで長くなくても良いですが、できれば小説がベストですね。

その英文の世界に入り込み、場面を想像しながら、感情を込めて音読しましょう。

そのように想像力と感情を英文につなげさせることにより、色々な英語表現がイメージと同時に記憶されることになります。

また、話の流れによって、多少分からない単語や、初めて見た表現でも、流れから想像がついて理解することもできます。

そうすると、『こういう時にはこうゆう表現を使うんだ』という気付くことができるので、自分の中に表現が蓄積されていくわけです。

まとめ

今回は、英会話初心者がが挫折しないための目標設定について考えていきました。

もう一度言いますが、スピーキングの練習はリスニングにも役立ち一石二鳥なので、こちらを優先することが効果的です。

そのうえで、まずは流ちょうでなくてもいいから言いたいことを英語で言える力『英会話力』を鍛えるわけですね。

そのためには、文法を使う英作文の練習と英語の読書、そして発音練習がおすすめいたします。

まずは簡単な英語からで大丈夫、と思えれば、気楽になってきませんか?

ネイティブの英会話フレーズを覚えるよりも、ずっと英会話をモノにする近道になります。

あなたが英会話をモノにしてあなたの想像する未来を手に入れることを、AtoZ英会話俱楽部は応援しています。

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー