Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

子どもに英会話を習わせる効果とは?

SCROLL

小学校からの英語教科の必修化となり、英語教育の対象は年々低年齢化してきてます。『将来の為に、子どもに英会話を習わせたい』と考える親御さんの方が最近増えてきております。今回は英会話をはじめとした英語教育の意義や、子ども向け英会話についてご紹介します。

子どもに英語を習わせる必要性とは?

英語力を身につけておくことは、将来の選択肢を広げていくには必要不可欠です。とはいえ『英会話を習わせるには何歳からがいいのか』『子どもに英語を学ばせる必要はあるのか』とお悩みの方もいるはずです。子どものうちから英語を学ぶことの大切さや重要性をいくつか解説していきします。

小学校での英語学習の必修化

2020年度から導入された『小学校学習指導要領』により、小学校3年生からの英語教育が始まりました。3・4年生では『外国語活動』、5・6年生では『外国語』という教科で、英語学習が導入されています。以前の英語の学習時間と比較すると、小学校では2倍、3倍に増えたと言われています。

3・4年生の外国語活動では、『聞くこと・話すこと』を中心に授業がしているとされます。英語でのやりとりや発表を通して英語に対する興味関心を引き付け、5・6年生では読む力や書く力も付けていきます。早い時期から英語に触れておくことは、小学校での英語授業で良いスタートを切るために非常に効果的だと言えます。

英語に対する苦手意識を早期に緩和

みなさま日本に住んでいて英語に全く触れない環境で育ったり、よくあるパターンとして保護者の方が英語に苦手意識を持っていたりする場合があります。英語は難しいと保護者の方が思っていたり、口に出したりしていると、子どもは同じように英語に対して身構えてしまいます。早い時期から少しずつでも英語に触れさせることは非常に大切で、子どもが英語に対して苦手意識や抵抗感をなく勉強させることができます。英会話スクールや子ども英会話教材を使用する以外に、例えば子どもが好きな映画や音楽などを通し、家庭で英語に少しずつ英語に触れさせてあげるのも効果的です。

 

子どもに英会話を習わせることで得られる効果

子どもに英会話を習わせることで、どのような効果が得られるのでしょうか。『耳や脳が英語に慣れることができる』、『積極性が身につく』など、英会話を学ぶことで得られることを書いていこうと思います。

耳や脳を英語に慣れさせておける

子どもは大人に比べて学習能力が高く、母国語以外の言語も比較的吸収しやすいと言われています。ある説によると子どもの臨界期(脳の学習能力や吸収力が最大限に高まる時期)は9歳前後までと言われており、その年齢期までに少しずつ英語に触れさせておくことで耳や脳を英語に慣れさせることにつながります。その結果的、言語の早得につながります。

たとえば、英語の正しい発音が身につきやすくなるメリットがあります。人間の耳は3~7歳ごろにかけて完成するといわれており、この時期に英語に触れていることで正しい発音やアクセントが自然と身についていきます。特に日本人が苦手とする『L』と『R』の発音方法や、舌の使い方が独特な『TH』の発音も正しく習得できます。

積極性が身につく

子ども英会話の英語教育は、楽しく学べるように、歌やゲームなどを使って学習していく英会話が中心です。また、英会話スクールや英語教室などによっては英語での発表をしたり、自分なりの意見を英語で伝えたりする機会を作り度胸も身に着けます。英語で聞く・話す・発表するといった経験をさせることで、子どもの積極性を身に着けることができます。

海外の文化に対する理解・視野が広がる

子どもの早いうちから英語を学ぶことは、住み慣れた日本と異なる国や文化圏を知ることができます。英語に触れることは、語学力の基礎を身につけることだけではなく、日本とは違う外国の言語や文化に触れることで視野を広げ、異文化理解を深めることも目的のひとつなのです。また、英語を通して『世界にはたくさんの国があって、日本とは違う国や言葉がある』と教えてあげることで、子どもの好奇心が世界に向けていけば、さらに将来の選択肢が広がりますね。

英語に対する苦手意識・抵抗感がなくなる

これまでに英語に触れる機会が少ないと、小学校で英語授業の際にこれまでに英語に触れてきた周りの友達との差を感じ、さらに英語に対しての苦手意識が強くなってしまう子もいます。そうならないためにも、早い時期からの英語教育は大事になります。会話やゲームなどを通して楽しく英語に触れる時間を作ることで、『英語=楽しい』という気持ちを作りやすくなります。また、クリスマスやハロウィーンなどの季節のイベントなどを開催して、子どもが楽しく英語を学んだり、海外文化へ興味を持ったりするきっかけ作りをしていかなければならないです。

将来の選択肢を広がる

現在はグローバル化が進んでおり、企業や職業によっては高い英語力が求められることは珍しくありません。子どもたちが成長する頃には、今よりももっとグローバル化が進んでいくことは間違いないことです。早いうちから英語に触れておくことで、将来世界を相手に活躍できる人材としての基礎を作ることができます。もちろん、将来の夢は子ども自身の意思を優先すべきですが、英語が話せるようになっていれば、日本だけではなく世界各国で働く場所や職業などが無限大ですので、確実に将来の選択肢が広がるのは大きな魅力です。

自己肯定感が高まる

早い時期から英語を学ぶことで、他の子どもたちとより差をつけることが出来て、さらに英語が得意になります。その結果『自分は英語が好きで得意なんだ』という気持ちは自己肯定感につながり、さらに積極的に英会話学習をするようになります。子どもにとって自信を持つことは、積極性と直結する大切なことです。英語に対する自信を活かして、苦手なことにも挑戦する意欲も養えるます。

 

英語教育をはじめる前に知っておくべきポイント

子どもには、英語に親しみを持って自主的に勉強してほしいものです。子どもが『英語好き』になるようには、保護者の方が適切に英語学習のサポートする必要があります。

勉強を強要しない

まず、子どもの意思や意欲を何よりも優先してください。よく聞く例は、保護者が保護者自身の価値観で勉強を無理強いしたり、プレッシャーをかけたりしては子どもの意欲を奪ってしまいます。子どもの頃に経験した方は多いのではないでしょうか。例えば『英語の歌を聴かせてみたり、海外のアニメや映画を見せたりしてみたり』、『外国の変わった文化に触れさせてみたり』などの工夫をこらして、子どもが英語好きになるように環境を整えていくことを保護者の方はしてくださいね。子どもが英語に興味を持ち始めたら、英会話スクールの無料体験レッスンなどで実際の英語に触れさせてみてみると良いでしょう。

遊び感覚で楽しむことを重視

中には、机にじっと座って勉強することが苦手な子もいます。子どもの英語教育で特に大切なことは、『ゲームや歌を通して楽しみながら英語に触れる』ということです。英語の勉強ではなく、遊び感覚で楽しむ英会話だということを重視しましょう。

『一緒に勉強する』という意識

子どもに『英会話は楽しい』と思ってもらうには、親が一緒になって勉強することも良いでしょう。とは言っても、専門的用語など難しいことする必要はありません。最初の頃は一緒に英語の歌を歌ってみたり、ゲームをしてみたり、絵本や動画の感想を言い合ったりするくらいで十分です。子どもから見て親が楽しそうに英語に触れる姿を見せれば、子どもが『英会話は楽しい』と思って、さらに意欲を引き出すことができるでしょう。

 

AtoZ英会話俱楽部のレッスンは、決められたカリキュラムは存在しておらず、一人ひとりレベル・目的・目標に合わせたレッスン内容を作り効率的にスキルアップをしていきます。講師は教師または、教師経験者のみ在籍しております。子ども英会話の場合は子ども英会話専任のレッスンで英語力アップをサポートします。英会話スクールをお探しの方や子どもの英語学習にお悩みの方は、この機会にAtoZ英会話俱楽部のマンツーマンレッスンを検討されてみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。まずは無料体験レッスンで体験してください。

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー