Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

エイプリルフールの由来や起源

SCROLL

エイプリルフールとは

エイプリルフール(April Fool’s Day)とは、毎年4月1日は嘘をついてもいいという風習のことです。西洋からはじまり、世界へと広がっていき、日本には大正時代に伝わり浸透してきたと言われています。日本ではエイプリル(4月)フール(馬鹿)を直訳して「四月馬鹿」となります。嘘をつかれた人を指す言葉も使われています。ちなみに、中国では万愚節(ばんぐせつ)や愚人節(ぐじんふし)、フランスではプワソン・ダヴリル(4月の魚)と別の呼ばれかたをしています。

エイプリルフールの由来・起源

エイプリルフールはいつ、どこで、何のために誕生したのか。エイプリルフールについてはいくつかの説ありますが、はっきりとしたことはわかっていないことが事実です。そこで、今回は色々ある説のなかで有力とされているものを紹介いきたいと思います。

由来 ①

まず1つ目は、フランスで起こったとされる説です。ヨーロッパでは3月25日を新年としていて、4月1日まで春のお祭りが開催されていましたが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用しました。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」として騒ぎはじめたことが由来と言われているものです。

由来 ②

2つ目は、インドで起こったとされる説です。インドでは仏教徒が春分の日から3月末まで修行を行います。ところが、せっかく修行をしても4月1日になるとその修行が嘘だったかのように俗人になってしまうことから、4月1日を「揶揄節(やゆせつ)」と呼びはじめたことに由来するという説があります。

由来 ③

3つ目は、英国の王政復古の記念祭である「オークアップルデー」が元になっているという説です。国王に忠誠を誓うこの風習があり、当時の国王であるチャールズ2世が敗走中にオーク(かし)の樹に隠れて難を逃れたという事から、オーク(かし)の小枝やオークアップル(虫こぶ)などを身につけて王政への忠誠を誓ったとされ、それを守らなかった者を笑いものにしたという説もあります。

由来 ④

4つ目の説は、説①と同様フランスで起こったとされる説です。フランスではエイプリルフールのことをプワソン・ダヴリル(4月の魚)となり、子どもたちが紙に書いた魚の絵を人の背中にこっそり貼り付けるといういたずらがありました。この4月の魚とはサバのことで、ちょうどこの頃にサバがよく釣れるためこう呼ばれるようになったと言われている説もあります。

その他の由来

他にもいろいろな説があり、エイプリルフールは、旧約聖書に出てくる「ノアの方舟(はこぶね)」に由来するという説もあります。この説は、大洪水の予言あった際にノアが大きな方舟をつくり、家族やたくさんの動物たちと乗り込み、大洪水の災難を逃れたという話があり。大洪水がおさまったあとも方舟のまわりが水が引かないことから、ノアはハトを飛ばして陸地の存在を確認しようとしますが、鳩は陸地を見つけられずに戻ってきてしまったとのことです。そうしたことがあり、この日が4月1日で、無駄な意味のない日であったということから「嘘をつく日」になったと言われています。

他には、キリストの命日を4月1日とし、ユダに裏切られたことを忘れないためにつくられたとする説などもあるそうです。

 

エイプリルフールのルールやマナー

嘘をついていて、それが嘘だというタイミングを逃してしまい、本当のことが言えなくなってしまった。そんな経験がある人もいると思いますが。たとえいくら嘘をついていい日だからといって、相手を傷つけるような嘘や、嘘を信じ込ませたままにしておくのはダメですよね。現在は季節のイベントのひとつとして、エイプリルフールをみんなで楽しめるように、なんとなくですが定着してるルールやマナーについて紹介していきます。

実は4月1日は、不義理を詫びる日だった

エイプリルフールが日本に伝わってきたのは大正時代になります。エイプリルフールを直訳した「四月馬鹿」として広がりました。実はそれまで4月1日は、中国からの風習で「不義理の日」とされ、ご無沙汰してしまっている(義理を欠いてしまっている)人たちに手紙などであいさつをして日頃の不義理を詫びるための日とされてきました。

嘘をついていいのは午前中だけ?

エイプリルフールの由来が諸説あるように、その解釈についてもさまざまあるようです。そのひとつとして、「嘘をついていいのは、4月1日の午前中だけ」というルールを聞いたことがありますでしょうか。これは先述したイギリスの「オークアップルデー」と関係があるようです。オーク(かし)の小枝やオークアップル(虫こぶ)などを身につけて王政への忠誠を示し、それを守らなかった者を笑いものにするということのです。この風習自体が午前中に行われていたことから、エイプリルフールの「午前中だけ嘘をついていい」というルールのようなことになったそうです。

午前中に嘘をついて、午後にはネタばらし

エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中だけだったことをと知らなかった人も多いのではないでしょうか。ですが、嘘であることに一日中気づかずにいると、だました側も罪悪感が出てきます、嘘を信じて思わぬ事態に発展してしまうことも…。そのため、午前中に嘘をついた場合には午後にネタばらしをすることがエイプリルフールにおけるマナーのひとつになっているようです。

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー