Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

就職活動に英語力は必要?英会話ができると有利になる?

SCROLL

今の時期になると就職活動を控える学生さんは、初めての就職活動に関して色んな疑問をお持ちと思います。その中のよくある質問で『就職活動に英語力や語学力は必要なのか?有利になるの?』という疑問がありますが、どこの業界、どこの企業、どの職種を目指すかによって、英語力が必要になるかどうか違ってきます。ただ、実際の業務で英語を使わないといった場合でも、英語資格を取得していれば履歴書や面接で自分自身をアピールすることができます。そういった面では、就職活動に英語力・語学力は必要となっていると言えるでしょう。

スコアによっては英語を使った業務ができるグローバルな人材として評価される

あなた自身が取得しているスコアにもよりますが、例えばTOEIC 800点以上や英検1級などの高いスコアや級が取得できている場合には、就職活動においてもグローバルな人材として高く評価されやすくなることでしょう。

しかし、英語力や語学力をアピールする方法は英語資格試験のスコアだけではないことがあります。例えば、留学経験や海外でのボランティア活動などの経歴、国内では外国人留学生との交流やホームステイの受け入れなどの経験も、自身の英語力、語学力をアピールする手段として役立てることができます。また英語を使っての仕事がしたい場合には、英語資格試験のスコアや、英語にまつわる経験談などをもとにグローバルに活躍できる人材であることを大いにアピールしていきましょう。

努力するができることの証明にもなる

英語力・語学力はそう簡単に習得できたり、向上することは絶対にありません。当然のことですが、英語資格試験においても高い目標とするスコアを取得するには時間と努力が必要となります。過去問を解いていき試験の出題傾向を考え、自分の得意・不得意を把握して対策を立て、継続的に努力を積み重ねていくことでようやく、目標とするスコアに近づいてくるというわけです。つまり、英語資格試験で高いスコアや級を取得できているということは、この人は継続して努力ができることの証明にもなってくるでしょう。

就職面接時には『あなたが学生時代に力を入れたことは何ですか?』を聞かれることがよくありますが、その回答として『英語の勉強』と言いやすくなります。特に、高いスコアや級を取得していれば、努力を結果に結び付けられることができますアピールともなります。

どのくらいのスコアを取得したら履歴書に書ける?

よく考えたらTOEICのスコアを何点以上取得できたら履歴書に書くことができるのか……この点数で書いていいのかなど思っている方も多いと思います。しかし、このことに関しては何点以上などの明確な決まりはありません。

ただ、知っておきたい大事なのは『この点数を見て相手が見てどう思うか』についてです。TOEICにおいては990点満点となりますので、例えば900点近く点数をとれている方は英語能力をアピールすることができるでしょう。逆に言えば、ある程度低い点数であるにもかかわらず履歴書などに記載してしまうと、面接官によっては『この人は英語が得意ではない』と思われてしまうことにもつながりかねません。

色々調べてみると、TOEICのスコア平均は約600点となります。あなた希望する職業などにもよりますが、履歴書などに記載するのであれば最低でも平均点は超えていたいところですね。

英語力や語学力を重視する企業とは?

就職活動で応募するのに英語資格試験の一定のスコアを必須項目にしている企業もあれば、社内公用語を英語にしているために英語力、英会話力が必要となる企業もあります。また、限られた部署内での公用語を英語にしている企業などもあります。今の時代にはグローバル化が進む中で英語力・語学力を重視する企業は非常に多いのが事実です。

希望する企業の社内公用語が英語の場合には、社員同士で話をする時に英語を使うのはもちろんのこと、ミーティングなどで共有する資料なども、もちろん英語で作成することになります。そのため、リスニング力やスピーキング力だけでなく、ライティング力やリーディング力も必要で、総合的に高い英語力、英会話力が求められます。

また、キャビンアテンダントのように仕事で英語を使う会社であれば、応募資格の必須項目に英語力を設けていたり、英語での面接があるケースもあります。

実際に使える英語力を身につけよう

就職活動においては、相手企業に採用してもらうために英語資格試験のスコアや級を取得することは重要な要素となります。ただ、実際に英語を使っての仕事をする場合には、テクニックなどを使って高いスコアや高い級を取得しているよりも、実践的で役立つ能力『読む・聞く・話す・書く』という総合的な英語力が必要になります。面と向かって英語で会話をする場合もあれば、英語の文面だけでコミュニケーションを取る場合もあります。そういった実践的な英語力は、継続的に英語の会話や文面でのやり取りを繰り返して行うことで身につけることができるでしょう。

将来、英語を使う仕事に就きたいと考えている方は特に、英語資格試験の高いスコアや高い級を取得して面接でのアピール材料をつくるとともに、実践で使える英語力を身につけるために、継続的に英語を話したり聞いたりする機会を必ず作るべきです。英会話スクールなどを活用して、実際に使える生きた英語に触れる機会を増やしましょう。英会話スクールには、通学型の英会話スクールとオンライン英会話があり、どちらが良いか迷う方もいるのではないでしょうか。ご自身のライフスタイルに合ったスクールを選んでグローバルな人材を目指しましょう。

AtoZ英会話俱楽部は、日常会話、ビジネス英会話など実際に使える生きた英語を習得することが出来るスピーキングに特化したマンツーマンレッスン専門の英会話スクールとなっております。無料体験レッスンをご用意しています。まずは試しにレッスンを受けてみませんか?

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー