Step up next level.
年収を上げる英会話力
AtoZ COLUMN

社会人の英語勉強で必要なのはビジネス英語の語彙力

SCROLL

まずは日本語を整理

英会話について考える時にまず最初に思いつくのが一般的な日常会話であると思います。例をあげれば、空港で飛行機のチケットの買い方、または、旅行先のホテルのフロントでの会話などがあります。『旅行者』として海外に短期間滞在することを想定するならば、それで足りるかとも思います。でもそれがビジネス英語ともなると、なかなかそう上手くはいきません。

ビジネス英語を考える前に、日本人相手にしてる日本語でのビジネス内での会話を考えてください。ビジネス会話の場面としては、どういった場面があるでしょう。

自己紹介から始まり、自社の紹介、自社取り扱い製品のプロモーションや説明、契約、支払いの話など、日常会話とは全く違う質の話になります。当たり前の話ですが、ビジネス内の会話で出てくるのは、日常会話では使わない専門用語のオンパレードになります。その専門的な言葉は、多くの場合は、社会人になってから覚えたものが多くあります。例えば、『回収』と言う単語にしても、日常での意味と、ビジネスでの意味とでは、若干ニュアンスが異なってくることを考えればわかることです。
では、話を英語に戻しましょう。

自分の職種の専門的なキーワードを必ずおさえる

英語においても、ビジネスでの会話は、やはり専門性が高くなっていきます。

それが、国際商取引などに関係してくれば、なおさら高いレベルのビジネス英会話を求められるでしょう。さらに言えば自社製品のアピールしていくには相手を圧倒するくらいの専門用語を用意する必要があるとおもいます。

では、少し電化製品に関する取引を想像してみましょう。

海外から日本に電化製品を輸入すると仮定してイメージしてみましょう。そこで想定される会話を考えると、例えば、日本と違うコンセントの形状の説明、家庭用電源の電圧と周波数の説明、日本の気温や湿度などの環境、電気に関する法律などの会話も必ず出てくるでしょう。ですから、話される内容も日常英会話とは違いかなり特殊な話となります。
こう言ったビジネス英会話を考えた場合、重要になるのは何かといえば、それは『語彙力』と言えます。

上記の少しの電気製品関連の言葉の中でも、『家庭用電源』『電圧』『周波数』『気温』『湿度』といった単語も、出てくるくらいですので、商談の席ではなおさら専門性が高い言葉がでてくることは容易に想像できますよね。

やっぱり『語彙力』は必要不可欠

今は電気に関連した話を少ししましたが、当然ですが、実際のビジネス英語は、あなたが属してる業界によって、様々に変わってくるでしょう。

商取引上、輸出入に関わる話もそうですが、さらに上のステージのこととして、製品やサービスに関する言葉、農産物であったり、工業製品であったり、ソフトウェアであったりと、その業界独特の『言葉』や『表現』が出て来ることでしょう。
会話において、そのビジネス上でのやり取りをスムーズに、そして相手と自分の間で誤解のないように行うためにも、ビジネス英語における『語彙力』は非常に重要になるのです。

語彙力強化こそが、ビジネスを上手に進めていく上で、重要なことと言えるでしょう。

SHARE ON

『ネイティブまでひとっ飛び』

tel.052-982-8868

営業時間 9:00~18:00(定休日 月曜日)

無料体験ご予約
© 2019 AtoZ英会話倶楽部プライバシーポリシー